笑うに笑えない、実は難しい話

ごはん、みそ汁、きゅうりのぬか漬け、新しょうが、スパゲッテイーサラダ、鯵の干物

職場でノンアルビールはありかなしか6/28(水)6:00配信

職場でノンアルを飲んで出社停止を命じられた女性

健康志向の高まりや飲酒運転の厳罰化などによって、ノンアルコールビールの需要が増加している。アルコールが入っていないのにもかかわらず、お酒を飲んでいる雰囲気を味わえるノンアルコールビールなら、たとえ車を運転して来ても飲み会を楽しめる。後のことを考えずに、グイッと一杯いけるのがノンアルコールビールの人気の秘訣だ。

しかし、いくら気軽に楽しめるといっても限度があるようだ。6月14日、ヨミウリオンラインの発言小町に投稿された休憩時間にノンアルコールビール会社を休まされましたという質問が物議を醸した。自他ともに認めるお酒好きである投稿者の女性30代半ばのOLが、仕事の休憩時間に職場でノンアルコールビールを飲んでいたところ、上司に1時間も注意された挙句、会社を休むように命じられ反省文を書かされたというのだ。

投稿に寄せられたコメントは、女性に対して批判的なものが多く、社会人としての常識を問うものだった。ところで、なぜ職場でノンアルビールは御法度なのだろうか。

職場でノンアルビール問題が議論になったのは、今回が初めてではない。また、並行して未成年にノンアルビール問題も議論されることが多く、これについては各メーカーとも法的に問題はないが推奨はしないという立場を取っているようである。

タクシーの運転手がノンアルを飲んでいたら

さて、なぜ職場でノンアルビールは御法度なのかというと、投稿に寄せられたコメントでは、への配慮を理由に挙げる人が多かった。とは、Time、Place、Occasionの頭文字をとった言葉で、時と場所、場合に配慮したマナーを心がけるべきという考え方だ。

たしかに、時と場所、場合を選ばずに、突然ノンアルビールが出てきたら驚くだろう。たとえば、取引先との商談で、相手がノンアルビールを飲んでいたらどう感じるだろうか。タクシーの運転手が、走行中にノンアルビールを飲んでいたら、誰もが違和感を覚えると思う。

しかし、である。時と場合を選ばずに飲めるのが、ノンアルビールの魅力ではなかったのか。車の運転に差し支えないというのが、ノンアルビールのウリではなかったのか。

そう考えると、ノンアルコールビールの定義を、今一度考え直す必要が出てきそうである。そもそも、ノンアルと銘打っている時点で、アルコールを連想させる飲み物であるという原点に立ち返って考えてみると、その独特なポジションが見えてくるだろう。

コーラは、ノンアルコールコーラとは呼ばない。コーヒーは、ノンアルコールコーヒーとは呼ばない。しかし、ノンアルコールビールは、あくまでノンアルコールであり、ビールに限らず、他のノンアルコール飲料もそれは同じだ。つまり、すべてのノンアルコールは、アルコールを飲むシーンを想定して作られているのである。

となると、当然、アルコールを飲むシーンを想定したが求められるというわけだ。だから、勤務中に飲んだり、未成年に勧めたりすることに、違和感を覚えるのだろう。

思わず笑ってしまいました。投稿が本当なら笑い事ではすみませんが、こんなこと考えたこともありませんでした。議論があったことも知りません。あっぱれな女性です。

私もビールは愛人とは言いませんが、恋人です。しかし、たとえば講演会が終わった後など、早くビールを飲みたいと思うことがあります。ビールが愛人の人の中には、午後は一切飲み物は飲まない。仕事後のビールがまずくなるからなどという人もいます。そういうおじさんが山ほどいます。

しかし、私も含め、仕事中にノンアルコールビールならいいだろうなどと考えたことのある人はめったにいないのではないでしょうか?考える以前に、無理だと決めています。おじさんは精神的に去勢されてるなーと思いますね。

しかし、言われてみればなぜダメなのか?非常に難しい問題です。メーカーのコメントも歯切れが悪い。恐らく説教した会社の上司も納得させられる理由を言えなかったように思います。ダメなものはダメ非常識だ、社会人としてのマナーができていない、よもや女のくせにとは言わないでしょうが

この女性は、我慢しきれずに飲んだのでしょうか?いや、たぶん?世の中の常識に対して問題を投げかけたように思います。すごい女性だと思います。それに比べて、我おじさんは情けないなーーー

さて、明日はなぜダメなのか?本物のビールを飲みながら考えてみたいと思います。