自転車

昨日、自転車が壊れた。

後輪がパンクして、前輪のスポークが折れた。

何回も修理に出して、安いママチャリなら買えるくらいの金額になった。

その時思った。

元々、ママチャリから始まって、このロードバイクを手に入れるために、死にもの狂いで働いた時のことを。

原点が、ママチャリなら、また一生懸命働いて、もう一台手に入れることもできる。

幸い、その時の仕事の後遺症は残っていない。

仕事をやっている時は、本当に手足が痺れ、腰痛に悩まされていたけど、辞めるとなくなった。

それがために、そうなっていた。ただそれだけの話。

それで、もう一つ、自転車で思いついたことがある。

それは、自分の使っていた自転車、ちゃんと修理して置いてたら、自分の子供が大人になったとき、乗る機会とかあったら、なんかおもしろくないか?って。

例えば、サッカー選手が小さい頃使っていたサッカーボールが子供に受け継がれる。

なんか夢のある話だなあって思った。

親が使っていた宝石が子供に受け継がれる。

そういう伏線って面白い。

お母さんが使っていた○○だとか、その子供にとっては宝物のようなものになる。

誰かから見てしょうもないものでも、自分から見たら、最高の宝物になる。

自分の生き方は自分で決めること。

その先に何があるのか分からないけど、とりあえず、保留って大事なことだと思う。