病院→診断

12日水曜日

療育へ行くくらいの軽い感覚で病院へ

朝早かったので、渋滞してはいかんと早く出発したので、早く着く

コンビニも近くにないような所で驚く。

方向音痴すぎて泣けた

まずは聞き取り

それから先生との面談

5分10分くらいのやり取りで

あっさり「自閉症でしょう」の言葉

説明されながら、ほっとしたような

うんそうでしょうね。という呑気な解釈

来月心理の先生とで検査をするために予約

受付の看護師さんに「ご兄弟が受診されてますか?予約の取り方はご存知ですよね?」

と言われるくらい冷静な私

いいえ、初めてです

と予約の取り方を聞く

帰り道も普通

旦那に説明しなきゃと憂鬱になる

そこからは怒濤の下落

帰って来て、食欲もない

息子が宇宙人に見えてくる。

これから先どうなるのか不安でたまらない

親にも友達にも言いたくない

自閉症という言葉すら口にしたくない

オムツがなかったので、買い物に行ったがサイズを間違え気づかないという始末

夜中に自閉症と検索しては泣きはらす

障害児という言葉すら辛い

辛い辛い辛い

色んな人のブログを読みあさり、家庭内療育等で成長していく自閉症の子のお母さんのブログを読む

気持ちが楽になる

自閉症の息子を受け入れて、私なりにやっていこう

自閉症だからなんだよ

私だって、2つの事を同時に出来ない

道も覚えれない

色んな事出来ないけど、生きてきた

やれる事をやろう

出来なくてもいい

頑張ろう

今ここ

また落ち込んでつまづいて、母親辞めたい逃げたいって思うと思う

健常の子と比べて、夜な夜な泣きまくる事も絶対にあると思う

保育園、小学校

色んな事があるだろうけど

今息子が安心できる場所

長男が安心できる環境を作る事

それだけを頑張ろう

一生懸命やって、それでもダメなら

力を借りよう

頑張ろう息子

頑張ろう私

生きてるから、頑張ろう