プレゼントの残念を手放す。

あ、今日はblog更新何日目?って

数えなくていいのね。

なんだか快適()

ゆっきいさん、カノンさん

一昨日は200回目の

お祝いコメントありがとう

それでは本日も

スカッと参りましょう。

実家の母に電話をしました。

モノって

あげるタイミングが大事よね

なんて言うので

どうしたのか聞くと

こないだね、電器屋さんがうちに来たのね。暑いのにわざわざ来てくれたから、御中元でもらったばかりの清酒セットをあげちゃった!わたし気前いいよね〜(o)

となんだか上機嫌。

電器屋さんもびっくりしながら

とても喜んでくれたといいます。

嬉しいから

その気持ちをモノで表す。

そして相手も喜んでくれる。

それはモノにとっても

幸せなことじゃないかしら。

モノが生きてきますよね。

いくら素敵なモノでも

そこに気持ちがないと

残念なプレゼントになる。

高級メロンだって

食べ頃を過ぎてからもらっても

あまり嬉しくありません

プレゼントにも

モノとして旬と

気持ちの旬みたいなものが

あるんじゃないかなあ。

だから私は

えーお母さん、それはもったいないよなんて野暮なことは言いません。

母の満足が伝わったので

それはよかったね!と一緒に喜ぶ

やさしい娘なのです(o)

しあわせは深呼吸から

そして手放すことから

あなたが笑顔になりますように::

おつきあいありがとうございました。