言いたい放題レース感想函館記念週編

ファイヤーワークスは骨片除去手術を無事終え、治癒地方移籍待ち。

オフコースは金沢移籍。

2頭とも頑張ってほしい。

特にファイヤーワークスは治って地方で勝って、元気でJRAに帰っておいで。

ハニーポット

プラス20キロだったのか。私が会った前走はマイナス10キロ。

体重の変動が激しい子なのか。プラスの方が良いよねそりゃ

前方集団に追いつけないで終わったなという印象。もっと前でレースしたら違ったのでは。

彼女は頑張っているのに着順、着差共に毎回悪化していく()

次走で何とかこの悪化していく流れを断ち切りたい頑張れ!!

コハク

道中スルスル上がっていくのは良かったけど、その後伸びなかったなー。

戸崎騎手はブリンカーに慣れてしまったのか集中していなかったとのこと。

競馬ブックでは目に見えない疲れが心配などと書かれていた。

掲示板入りは続けていたから、ずっと走り通しだよね。

権利を失った今回で休ませて、最後一発に賭けるしかないか。

テレビ観戦に熱が入るアイーダマキバオーの世界じゃないんだから

コラァ!コハク!権利逃してる場合じゃないんだよぉぉ!勝たなきゃダメだろうがぁ!!

某議員風に。岩手ですっかり女王キャラ

リープスプラウト

また元の木阿弥だなー二桁着順()

スタートからうまくいかなかったよ。やはり前目に付けたかった。

最後の直線に入ったときには他馬にボヨンとぶつかられていたし。

芝でもダートでも成績がいい時はいつも稍重

よし、稍重の日選べたら苦労しねー!に、前目に付けて一息に決めるんだ!!

ゲンパチキララ

やはり理想は新馬戦のようなレースだよなと思う。

今回も、何とか良いスタートを切ろうと騎手も頑張っていたが最後も伸びなかった。

芝とダート、距離の長さ、一体どの辺が一番良いのか全くわからない。

私は旧ブログでアクターの流星を写真にいたずら書きしてしまった程、黒くて可愛い奴。

いっそのことアクターのような2000以上の長い距離はどうよ!?冗談です

マシェリガール

私が見に行った前走の逃げ粘りは忘れないからな!彼女はまだまだやれるぞ

とにかくハナを切りたかったよね。やっぱり逃げた方が良い子のように思う。

動こうとすると外の馬にフタをされているように感じるシーンがあった。

リープ君にぶつかってきたのも、マシェリにフタしたのも野中騎手

ハナも切れず、フタをされたり彼女が気持ち良く走れなかったレースなのでは?

と思った。次走はまた、彼女が気持ちよく走れるレースになりますように。

気持ち良く走る、は最近読んだ本の受け売りf

レッドベリンダちゃん

お友達愛馬ちゃん。

最後、ベリンダちゃんがハナに立ってからギュン!と加速するところが好きです。

地方で勝ちあがり、未勝利戦でも惜しい着順ばかりですが

JRAに戻ってやっと掴んだ勝利!!本当に良かった!!

晩成ハーツっ子だし、馬が元気であれば期日までもう少し活躍させてあげてほしいです。

ランボシ

ゲート、パカッ!スタートしました!しかし、ランボシはじっとして動かない!!

ゲートが開いてもじっとしている姿にはさすがに大笑いしてしまった(;)

出遅れがなければ絶対に勝ち負けしてるでしょ、前走だって!

そう思うと、ゲートを出ないランボシの尻を思いっきり引っぱたきたい衝動に駆られた。

あの出遅れで掲示板確保だもんねなおさら歯がゆいってもんよ。

本当に困った子だよ()

時期的にも、次の出遅れは許さないからね?真顔

函館記念

結構な重馬場だったと後で知りました。

マイネルミラノと丹内騎手、連覇ならず。

私、初めてマイネルミラノの調教動画を見たんですが、

あの印象強いブリンカーも、メンコすら、以前から調教では付けていないのです。

素顔のミラノは新鮮な感じでした。

あのブリンカーは印象強すぎるよね。赤いメガネをかけているように見える時もあるし(笑)

馬連5頭BOX、ぶっちゃけ、3着までの1頭も買っていませんでした(笑)

ルミナスやアズマオーは休み明けだったので、ちょっとそれが引っかかったんだよね。

ヤマカツ池添騎手は内枠なら買ったかもしれないが。

タマモはタマモは応援馬だったけど応援騎手が乗っていたけど

陣営も、買う側もこの馬はもっと長距離ならではの馬と思いこんでいた結果だよな。

最近結成したタマモと隼人騎手のコンビは、

アクターとのコンビで走っている姿がフラッシュバックするような頑張り好走だった。

隼人騎手、肝が据わってきてるよね。

たとえアクターという相棒がいなくても俺はやってやる!という気迫が感じられる。

アクターで高みに登ってから、そしてアクターから離れてからもまた成長したように感じる。

とにかくこのレース、最優秀助演騎手賞は隼人騎手だった。