怪盗グルーのミニオン大脱走

シリーズ第3弾。

前作で怪盗稼業から足を洗い、奥さんのルーシーと供に諜報員になったグルー。大悪党のバルタザールを逃してしまい、クビになってしまいます。グルーの子分、ミニオンズも善人のグルーに嫌気がさしグルーから離れてしまいます。そこへグルーの双子の兄弟ドルーが現れ、実は父親が大悪党だと知りドルーに悪党に戻れと説得され、バルタザールが盗んだダイヤを盗みに行きます。ダイヤを盗まれたバルタザールは仕返しにグルーの子供達を拐ってしまいます。子供達は、ミニオンズはグルーの元へ戻るのか?

80sテイスト満載のヴィラン、バルタザールが、ロボット召使に音楽をかけろと流れてきたのが、トップガンで有名な「ベルリンの愛は吐息のように」でいきなり大爆笑。続いてMJのBADでMJ張りのダンスでダイヤを盗むは、住みかのてっぺんにルービックキューブがあるわで、シリーズ最高のヴィランでした。

いたずらっ子のミニオンズが出てくると、何をやらかすのか見ていてワクワクしました。スタジオを迷い込んでの歌のシーンは1番笑ったところですね。あの歌が暫く頭から離れそうにありません。多くの人が、ミニオンズの見せ場が少ないと書いてありましたが、主役はあくまでもグルーなので仕方がないでしょう。ミニオンズにも幾つか見せ場はあったと思います。

ミニオンズが子供達を笑わせ、子供達の親は80sに懐かしみ、グルーとドルーの兄弟愛、ルーシーと子供達の親子愛にホッコリさせたいと言う狙いが良く出ていたと思います。

しかし、シリーズ最低の成績でスピンオフのミニオンズの成績に遥かに及ばなく、もはや観客はグルーよりもミニオンズを求めているようで、今後が心配です。